2007年7月 6日 (金)

軽井沢の別荘にお招かれして、、

友人ご夫妻が古い家を移築され、大工さんと一緒に傷んだ柱を塗ったり 磨いたり ずい分楽しんで家造りをされました。庭造り、そして自家栽培で畑作り、、、、今は見事に立派なお庭や畑が出来上がっていました。19630karuizawa_171 

19630karuizawa_088_2 ←これが門と外塀

家の中に入ると直ぐに東家がある。

19630karuizawa_091  ┌|^o^|┘ ┌|^~^|┘ ┌|^・^|┘ ┌|^-^|┘

20070706azuma1anime 一つ一つの調度品も古い物を集めて上手くそれらを活かして飾り付けられさすが芸術家のお宅だと思いました。 w【゜○゜】w

20070706_azuma2anime囲炉裏にはチンチンと鉄瓶のお湯が沸いて手作りの葛饅頭が氷の中に浮き冷たくして出されました。そして紫陽花の和菓子! 紫陽花の和菓子の上にはキライラ光った露を思わせる寒天までのっかっていたのです。ブログをアップするときに気が付きましたが写真を写していなかったのです。

惜しい事をしました。・゜・。(>◇<)・゜・。わぁーん              残念・・・
            お庭のお花達。

20070706_hanaanime

19630karuizawa_155_1

シジュウガラが巣箱から顔を覗かせて、、、  雉も居たのですが、、、×

リスも出てくるそうです。

  お昼のお料理は全て手作りで、家で採れた新鮮なお野菜、それらを囲炉裏の炭火で焼きます。ほう葉焼きのご馳走! お肉や野菜を焼き お味噌をつけけて頂きました。残念な事に気が付いたらお喋りや食べる事に忙しく囲炉裏で炭火焼をしたお肉や野菜の写真が一枚もありません。折角のご馳走を残念。

(|||_|||)

20070706azuma3anime 明治、大正時代の電気傘

20070706_dennkianime 木の椅子やテーブルは臼20070706_azuma4anime 最後に丹精された畑をご紹介いたします。

20070706_hatakeanime お百姓さん顔負けの菜園。染色家の彼女に良くこの様な事が出来ると驚きました。採れたての新鮮野菜のお漬物もとても美味しかったです。楽しい軽井沢を過ごさせて頂きました。 ┏(〃≧∀≦〃)┓    感謝!

 

| | コメント (23)

2007年7月 2日 (月)

軽井沢へ行く

表装のお稽古をしていた時の友人(染色家)宅に、昔の仲間四名がご招待して頂きました。10年前に土地をお買いになり 3年前にお建てになってヤット伺うことが実現しました。先ず軽井沢に着くと南ケ丘美術館、その庭の続きにある三五荘資料館に連れて頂きました。

軽井沢駅と交番。何十年ぶりの軽井沢はすっかり さま変わりしていました。

19630karuizawa_001_1 19630karuizawa_003_1

20070630karuizawa1anime_1 南ケ丘美術館を出て新緑の庭を歩き三五荘資料館へ・・・

19630karuizawa_047_1 三五荘資料館のアドレス

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9780/landscape-17.html

19630karuizawa_045_2 19630karuizawa_044_2 

20070630karuizawa2anime_1

2007063035soanime_1 石の教会 内村鑑三

19630karuizawa_072_1 19630karuizawa_053

20070630tyaperuanime_2 『無教会と石の教会』

「教会」が「無い」と書いて「無教会」。

「いわゆる教会」は必要ないという思想です。

この思想こそ「石の教会 内村鑑三記念堂」の礎となっています。

19630karuizawa_064_1

19630karuizawa_061_1

明治・大正期のキリスト教者、内村鑑三によって初めて語られた言葉です。教会のすべてを「無」にするという意味ではありません。

   教会とは

制度が「無」くても、たとえ信者が「無」くても、

   祈りたい人が

自由に集うことのできる場所なのではないか。

   あたかも家庭が

不完全ながら温かな休息所であるように、

   教会もまた

 愛のある場所なのだから

と 師は説きました。

(此処に素晴らしい『石の教会』のアドレスを入れましたのでご覧下さい。)

http://www.stonechurch.jp/index_f.html

「生命が形となって現われた教会」

その創り手を担ったのが、ケンドリック・ケロッグ氏でした。

建築において「Organicであること」を追求し続ける建築家です。

ケロッグ氏は実際にこの地を訪れ、

自然と対話しながらこの教会を創りあげました。

そして、

天井に蒼穹(あおぞら)を張り、水辺に青草を布(し)いた

唯一無二の教会が生まれたのです。

19630karuizawa_059 丁度石の教会では 挙式中で中を見る事が出来ませんでしたのでホテル方面に歩き、そちらの教会も見ましたが新緑の中での挙式は若者に大人気で三組もの挙式がありました。

19630karuizawa_079 牧師様も大忙し・・・・

20070630sikianime_2 次回は友人の別荘をアップいたします。щ( ̄ ̄)ш

| | コメント (27)