2010年12月 3日 (金)

六義園

カメラ教室ゼストスクールが六義園にて平日撮影会を催されたので参加しました。

Img_0740 六義園は、小石川後楽園とともに江戸の二大名園。造ったのは、五代将軍・徳川綱吉の寵臣(ちょうしん)・柳沢吉保。元禄8年(1695年)将軍より下屋敷として与えられたこの地に、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水(かいゆうしきつきやませんすい)庭園」を造りました。ここは平坦な武蔵野の一隅だったので、庭を造るにあたり池を掘り、山を築き、千川上水の水を引いて大泉水にしました。六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映し、和歌の趣味を基調とした繊細で温和な日本庭園になっています。庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」に記されている「誌の六義」すなわち風、賦、比、興、雅、頌という六つの分類法の流れを汲んだ和歌の六体に由来します。
 庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州(現在の和歌山県)の和歌の浦の景色を始め、万葉集や古今和歌集に詠まれた日本の名勝を取りこんだ景観があり、それらにちなんだ名前をつけています。
 庭園は明治時代に入って三菱の創業者である岩崎家の所有となり、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されました。なお、昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されました。

この日は晴天に恵まれちょうど見ごろで紅葉がすばらしかったです。

Page_2

R0010751

R0010827 

長年使用していたソニーのデジカメが壊れRICHO GX200を買ったので、カメラに慣れない為、ゼストスクール綿屋先生に教わりながらの撮影でした。お陰様で風景からマクロまで写せるようになりました。\(◎o◎)/!

|