2010年3月 7日 (日)

腎臓癌を告知されて、、

2月4日に、悪性腎細胞癌のため、右腎臓全摘出   手術をしました。

Dsc01112

我が家の近くの成城水野クリニックでエコーの診断で判り、ご紹介頂いたのが(関東中央病院泌尿器科                          副院長石坂先生)素晴らしい先生のお蔭で術後、順調に回復していますが、、一つ空いた臓器のスペースを埋めているのか、ひと月たっても未だ痛み(傷口の痛みではない)があります。体調も今まで通りとは行きませんが 家族の看病のお蔭で術後 一ヶ月が経ち又普通の生活が出来るようになって参りました。本当にこの度,病気をして家族、親戚、友人皆様方の優しい思いやり等々を沢山頂き元気になれたことは感謝の気持ちでいっぱいです。 

癌の告知をされて一番に考えたことは、先ず82歳になる主人をおいて先に逝くことはこれから主人はどのような生活をするのだろう?等々・・  色々と考え心配しましたが 考えた所でどうにもならない、これも運命・・ この年齢になると「死」を考える事はよくありますが今回のように真剣に考えたのは初めてです。(;一_一)                                                          

1月22日の手術・輸血などに関する説明・同意書にサインした日が喜寿の誕生日前日でした。先生から「悪いものを取ってこれからも、もっともっと人生を楽しんでください」と言って頂きとても有り難かったです。

入院する前日には 主人と子供に、万が一の時には尊厳死協会のカードにサインしたのを渡し 植物人間で生きるのは絶対嫌だから先生に本人の意思を報告するように頼みました。                        これで安心して手術を受ける覚悟が出来ました。

最近の医学の進歩には本当に驚きます。                       術後の翌日には身体に付けていた心電図、血圧計、足に負荷が何秒間にかかる機械、これらが取り外される。                                     2日目は脇腹から血液が溜まるビニール袋、尿管、点滴、背中からの麻酔、が全て取り外されました。                          「病院側としては今日から もう何もすることはない。」とおっしゃり、明日先生の診断結果で退院しても良いでしょうとの事で (@_@。ビックリ!    

Ai1_2 Omimai_3 Konan1_4 Dsc01175_7                                         入院期間は5日間! ヤッホ~~ (^O^)/Yoko5_4 無事退院!(*^_^*)/””                                                                                                        

自宅に帰っても入院中のように安静第一。                   寝起きもずいぶん楽に出来る様になり やれやれ、、             19日に手術の病理組織診断報告があるのでその日まではお食事以外はほとんど寝て過ごしました。術後はとても元気でしたが、だんだんと日にちが経つにつれ体力気力がなくなって色々な症状など出てきた時は少々心細くなってきましたが、、1ヶ月過ぎた最近では何となく元の様な生活が出来るようになって参りました。(*^_^*)/

又これからも皆様のブログに訪問させて頂きます。

ネットで腎臓癌について検索すると色々な方の体験記や癌日記など拝見して医学の進歩に本当に驚きます。                      私の様に術後3日で退院の方は今のところ見当たりませんでした。今更ながら癌が見つかってから手術をするまで色々な面で大変ラッキーであった事に心から感謝しております。    

どうぞ皆様も毎年「早期発見」検診は必ずなさいます様にと強く思いブログをアップいたしました。

Cid_003a01c6c534f15887800201a8c0fmv sakura 今後ともよろしくお願いいたします。

|