« チョウゲンボウとカラスの空中戦 | トップページ | 京都東山から昇る朝日 »

2006年11月 2日 (木)

蝶が舞い タンポポが、、、

18112hana_040 蝶が舞うところを写したつもりですが・・・お分りでしょうか??

20061102_tyoanime

20061102_tanpopoanime

残念ながら今日は種子が飛ぶ所が写せませんでした。

20061102_tanpopo2anime 飛ぶのを待って写しましたがナカナカ飛ばなくッて、、、飛んだ!と思ったら直ぐ落ちてしまって飛ぶところは難しいです。

18112hana_170 これがヤット離れる寸前・・  (このタンポポは以前に写した写真です。)

6日まで留守に致します。ご覧頂き有難う御座いました。

|

« チョウゲンボウとカラスの空中戦 | トップページ | 京都東山から昇る朝日 »

コメント

・おはようございます!
わかりますよ、それにタンポポの種が飛ぶ瞬間がアニメ
で表現されていてGOODです。
これから取材でしょうか?楽しみです!

投稿: jvd | 2006年11月 3日 (金) 08時21分

sakuraさん、こんにちは。蝶が舞い、タンポポがフワフワと落下傘のように飛ぶ。いい場面を絵にしましたね。ご旅行ですか。この時期、京都は最高だね。6日か、そのころ私が八ヶ岳へ。

投稿: polo181 | 2006年11月 3日 (金) 14時37分

こんばんは
お留守の所お邪魔します(^-^)
タンポポに挑戦ですか、挑戦した私を思い出します
私の場合連写機能でとりました
そのうちの1枚でした
↓の鳥の写真、凄い所撮りましたね
首が痛くなったんでは無いですか
お見事です(^-^)

投稿: wakaba | 2006年11月 3日 (金) 18時11分

ウインターコスモスでしょうか?
蝶々が楽しそうに舞っていますね。
すごいな、sakuraさんは(^O^)/
タンポポの綿毛もすごくキレイに落下して
いますよ。
京都にお越しなのでしょうか。私は入れ違いに
暫く京都を離れます。

投稿: なっちのママ | 2006年11月 3日 (金) 19時13分

ohaayougozaimasu タンポポの種の離れる瞬間の
写真は良いですね 一生懸命に狙ってる姿を想像し
ました

投稿: chap | 2006年11月 4日 (土) 09時26分


   ちょうちょ ちょうちょ
    甘いミツを吸い
   きれいな 花畑を
    舞い上がり、舞い降り
      一羽 楽しむ

投稿: tanuki | 2006年11月 4日 (土) 13時23分

なんだか春かと間違うような写真集。
蝶が舞っているのははっきりと見えます。
花はウインターコスモスというのですか。
なるほど勉強になりました。
タンポポの綿毛、これはマクロレンズならではの撮影ですね。綿毛の一本一本までがはっきりとわかります。
おやお出かけですか。お帰りをお待ちしてまっせ~。

投稿: あまもり | 2006年11月 4日 (土) 17時21分

はいはい分かりますよ。
蝶が飛んだり・とまったりする所
撮るの難しいでしょうによく撮れていますね。

投稿: ぴぴ | 2006年11月 4日 (土) 17時37分

蝶の飛ぶ様子、タンポポの飛ぶ瞬間、
難しいものに挑戦する努力に感心です。
sakuraさんもお留守でしたか・・・
私は昨日帰って来ました。

投稿: jhino | 2006年11月 7日 (火) 02時03分

お早う御座います タンポポがとてもシックに
撮れてますね 又春が来たのかと 思い違い
しそうです

投稿: chap | 2006年11月 7日 (火) 10時31分

★ブログにお越しくださった皆様!
留守に致しまして失礼申し上げました。
皆様方にお一人ずつコメントのお返事を
書かなくて申し訳御座いません。
只今皆様のブログに訪問させて頂き
拝見してまいりました。
とても皆様方のお写真が美しいので
いつも自分の写真の拙さにガックリしております。
今後もっとより美しい写真を写すように
頑張りたいと思っております。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
お越し頂き有難う御座いました。

投稿: sakura | 2006年11月 7日 (火) 16時04分

冬を通り越して、春がやってきたみたいですね。
心が温かくなりました。
どうも、ありがとう!!

コスモスのフラッシュ写真は、プロ顔負けですね。

投稿: sue | 2006年11月 7日 (火) 20時22分

★sueさん
今年はずい分何時までも暖かですね。
コメント有難う御座いました。

投稿: sakura | 2006年11月 7日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウとカラスの空中戦 | トップページ | 京都東山から昇る朝日 »