« 朝の陽射し | トップページ | 京都 法然院 『廣布薩』 »

2006年9月 6日 (水)

最近の野川

1894sakana_683 最近 野川では、何の魚か知りませんが沢山の小魚がピヨンピョンピョンと光って跳ねております。 20060904_sakanaanime 鯉は大きいのが沢山いますが緋鯉が一段と綺麗です。

20060906_koianime 最近コサギがよく木の上で休んでいます。川では沢山の子魚ガピチピチと跳ねているのにどうして捕らないのでしょう?

Kosagi お母さんカワセミが小魚を捕りに来るかと思いましたが・・・・

Kawasemi2jpg 日が暮れてきたのでソロソロ家路へ、、、、、

1893nogawa_077 ずい分 野川の景色も秋らしくなって参りました。

|

« 朝の陽射し | トップページ | 京都 法然院 『廣布薩』 »

コメント

野川は鳥達にとって餌が豊富で安全な楽園のようですね。何時もsakuraさんが見張っていてくれるのですから・・・

投稿: なみへい | 2006年9月 6日 (水) 21時22分

★なみへいさん 今晩は!
野川を何時も何時も見張って居る人達は
大勢居られます。(私もその一人ですが、、)
皆様と一緒に野川を愛し大事に守っていきたいものです。

投稿: sakura | 2006年9月 6日 (水) 21時54分

自然界の生き物、誰の世話にもならないで(人間
の)生きる。弱肉強食の世界で生きる。
そんな辛い世界なのに、私たちに美しさ、喜び、
をプレゼントしてくれています。

投稿: tanuki | 2006年9月 7日 (木) 13時26分

sakuraさん、こんにちは。実を申せば、今日こそは野川に出向いて、風景写真を撮ろうと思って支度をしたのだけれど、空模様が怪しかったので中止とあいなりました。
コサギはね、お腹が一杯で食欲がないのだよ。だから、木の上で高みの見物。仰る通り、なんとなく、秋を感じさせる写真ですね。

投稿: polo181 | 2006年9月 7日 (木) 13時49分

野川はお水が綺麗なのですね。
野川の川幅は広いところ何メートルくらいあるのでしょう?
たくさんのお魚が人生(?)を謳歌しているよう・・・
そちらのコサギは上品ですね。この辺のコサギはもっと「ずんぐり」した感じのような気がします。

投稿: mimi | 2006年9月 7日 (木) 14時22分

本当にパラダイス!ドリームランドですね。

投稿: saheizi-inokori | 2006年9月 7日 (木) 14時35分

★ tanukiさん 
私の拙い写真が少しでも喜んで頂けて居ると
伺うと本当に励みになります。
有難う御座います。

投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 14時52分

★poloさん
只今 野川の土手は草ボウボウで歩けません。
どっかと座っての撮影は今は無理ですよ。
野川の偵察にお出かけなら良いと思います。

10日(日)はハケ森の会員達で午前中(一部分の)
野川清掃があります。
(私は旅行に出かけますので今回はパスですが)
少しでも綺麗な野川をご覧下さいませ。
風景を写されるのなら何時でもOK!です。


投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 15時06分

★ mimiさん
野川の川幅ですが橋の幅が30メーターぐらいで
その両側に土手があります。今は草ボウボウで歩けません。だから川の幅というと10メーター位???

うちのコサギは上品でしょ・・・ホホホ・・

投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 15時16分

★ saheiziさん
ドリームランド に パラダイス!☆~♪
本当に良い所ですよ。♪~\(^o^)/∼♩^

saheiziさんらしいコメント!
有難う御座います。!(^∀^)ノ♪^

投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 15時22分

身近な自然を大事にしたいものですね。
それでも、小魚や水鳥が数多く見られる野川に鳴ってよかったですね。
いつもsakuraさんの画像の中に、翡翠が見られるのがうらやましい。
多摩川も下流に来ると、汽水と淡水が入り混じるので翡翠は飛んできません。
涼しくなったら野川に、じっくり翡翠を撮りに行きたいものです。
小魚のはねるアニメーション、目の前で見ているようで楽しいですよ。

投稿: upplain | 2006年9月 7日 (木) 16時25分

★upplainさん
野川には以前にも来られた事がおありですね。

ソロソロ土手の草ボウボウも世田谷区の公園課が
草刈に来てくれると思います。
そうなれば土手からカワセミも写せます。

小魚の跳ねる所 楽しい。と言って下さって
とても嬉しいです。
どの様に飛んでいる所を表せばよいかと
考えたのです。 (p^-^)p
有難う御座います。

投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 17時09分

sakuraさん 今晩は!
いつもお越しいただき、写真のコメントもありがとうございます。
とても嬉しいです♪

私も野川に魅せられた一人です。
毎週通うことに慣れてしまいましたが、
やはり、暮らせたら良いなぁと思っております。

お母さんカワセミの元気な姿を拝見できて嬉しかったです。
子育てに疲れていたみたいで心配していました。
夕暮れのお写真、雰囲気でてますね~
好きな1枚です。

投稿: vivian | 2006年9月 7日 (木) 20時54分

★ vivianさん
今日拝見したカワセミの写真は本当に良かったですね。
写真を始められて日が浅いのに感心します。
これれからvivianさんを見つけたら
横で一緒に写せば良いのが写せるかもですね・・・
宜しくね。

投稿: sakura | 2006年9月 7日 (木) 22時25分

こんにちは~

プロフィールを拝見しましたら、都内にお住まいなのですね。
野川が流れてこんなに素敵なところが都内にあったなんてびっくりしています。
魚が飛び跳ねたところが良く撮影できましたね。
GIFファイルも楽しいですね。

投稿: 秋桜 | 2006年9月 8日 (金) 12時41分

こんにちは
野川には緋鯉も見られるんですネ
スッカリススキが出て秋色に染まってきますね
秋の紅葉が始まると、娘の所に行って野川公園の撮影に行くのが楽しみです(^-^)
↓のお花も素敵に撮られて睡蓮が良い感じですネ

投稿: wakaba | 2006年9月 8日 (金) 15時33分

★ 秋桜さん GIFファイルは
ブログの方が教えて下さいました。
ブログのお陰で本当に色々皆様に
教わっています。有難い事で御座います。

投稿: sakura | 2006年9月 8日 (金) 19時17分

★wakabaさん
野川に来られたら又wakaba風作品が出来、
どの様に写されるかとても楽しみです。

投稿: sakura | 2006年9月 8日 (金) 19時20分

sakuraさんこんばんわ。
すごいすごい魚が跳ねてる・・・
どういう趣向でこうなるのかしら?
GIFファイルって?
また、そのうち教えてくださいね。

投稿: mari | 2006年9月 8日 (金) 20時32分

★mariさん  ようこそ!
又 そのうちお教えしましょう・・・

投稿: sakura | 2006年9月 8日 (金) 20時40分

こんばんは
色々な魚元気がいいですね。
綺麗な川だからですね。撮影のポイントも素敵です。
のんびり撮影できますね。
ウォーキングも気持ちいいでしょうね。

投稿: ぴぴ | 2006年9月 8日 (金) 20時43分

★ ぴぴさん 今晩は!
ウオーキングも朝夕大勢の方々が
なさっておられます。
今は野川の土手は草ボウボウで
今回はその中にはいって
魚のジャンピングの写真を写しました。

草の中から出てきたら 男の方が居られて
ギョ!と 熊 でも出てきたような顔して
驚いておられましたの w【゜○゜】w ワオ!

こちらも人がいらっしゃるなんて知らなかったのでビックリ!でした。(◎。◎)ギョギョギョ!


投稿: sakura | 2006年9月 8日 (金) 21時06分

sakuraさん、こんばんは~!
今日は書き込みが出来るかもしれないです。
画面が前と同じになっていますから(^O^)/
お魚がジャンプしている写真はすごいと
思います。
何にでもチャレンジされるsakuraさんは
素敵な女性だと思います。

投稿: なっちのママ | 2006年9月 9日 (土) 19時36分

野川の自然はやっぱり素晴らしい。
それにsakuraさんのシャッターチャンスも素晴らしい。
川で跳ねている魚をよく見ますが、とてもとても写真には撮れません。三脚で粘ったのですね。
緋鯉が棲息しているなんてびっくりです。

突然に休暇を取りまして心配をおかけしました。今日から再開します。早っですね。(笑)
メールアドレスを記入しなければコメントを送信できないようにされたのですか?

投稿: あまもり | 2006年9月10日 (日) 14時27分

★なっちのママさん 今晩は!
コメントが書ける様になり良かったです。
ご迷惑おかけしました。
五行歌 とてもよいです。楽しみにしています。

投稿: sakura | 2006年9月11日 (月) 23時39分

★あまもりさん 休暇は如何でした?
私も京都に出かけておりまして失礼しました。
コメントの件ご注意頂き有難う御座います。

投稿: sakura | 2006年9月11日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝の陽射し | トップページ | 京都 法然院 『廣布薩』 »